本

冊子印刷で得られるメリットとは

冊子印刷を利用することで、様々なメリットを得られます。例えば会社案内を作成することによって、会社のアピールをすることができます。会社案内は配布する相手に応じて、内容を変えることが必要です。例えば新卒者を募集するためには、会社の仕事にどのような魅力があるのかを記載する必要があります。細かい業績などよりも、働き甲斐や得られるスキルなどをアピールするわけです。
一方で他の会社に向けてアピールする場合には、信頼性などを伝えることが大事です。そのためにどのような取り組みをしているのか、どのような業績を生み出しているのかを記載することになります。冊子印刷はデザインも簡単に作成できるようになっています。専門のデザイン会社に頼むと、それなりの料金が必要になってしまいます。
しかし印刷業者に依頼することで、デザインに関しても相談することができます。これまでの製版会社の場合には、担当者がついて細かな相談も行えました。けれども低料金が特徴の通販型印刷サービスはそのような担当者はつきません。その代わりにサイト上で分からないことを調べることができるように工夫されています。その上で、必要とするデザインの冊子印刷を行うことができるというわけです。

費用対効果の高い冊子印刷のコツとは

冊子印刷はネットプリントサービスの普及によって、様々な注文ができるようになりました。例えば従来は製版会社に頼んで、担当者と相談しながら作成するという流れになっていました。注文部数が少ないと、料金単価は高めにもなったものです。けれどもネットプリントが普及することで、オンデマンド印刷を利用できるようになったわけです。これは従来のオフセット印刷とは異なる特性を持つデジタル印刷機です。印刷スピードそのものはオフセットにはかないませんが、少しだけ注文する場合には料金を安く済ませることができます。
また注文もネットのサイト上から簡単に行えるようになっています。画像など必要なデータも、オフィスソフトなどで作成し入稿できるサービスが増えています。これまではデザイン専用のソフトが必要でしたが、そのような必要が無くなったというわけです。もちろん、凝ったデザインの冊子印刷を希望するのであれば、デザインソフトを使ってデータ作成をすることも可能です。そこで保有するソフトや印刷に関する知識の度合いによって、適切に業者や注文方法を選ぶことで、無駄なく効率的に冊子印刷の注文ができることになります。コストと求める品質とのバランスを考えて、費用対効果の高い冊子印刷が頼めるというわけです。

冊子印刷する前に綴じ方を決めておこう

冊子とは、複数の紙をまとめて綴じて製本することで、薄い本にしたもののことを指します。こういった冊子の作成は、業務用の資料としてまとめたり、印刷物をまとめて提供先に提出する上で欠かせないものです。そのため冊子を作成するために、冊子印刷業者に依頼する方も多いことでしょう。しかし、業者に依頼する際に注意しておきたいポイントがあるのです。まず、その冊子が右綴じ、左綴じどちらなのかに気をつけましょう。書類や印刷物の文字が縦書きならば右綴じ、横書きならば左綴じの冊子印刷となります。
例えば漫画などは右綴じですが、英字などを扱う辞典などは左綴じですので、予めどちらの綴じ方をしておくのかを決めておきましょう。また綴じ方も多数の種類が存在するため、選ぶ必要があります。中綴じと呼ばれる方法は、印刷物を2つ折りにして中心部分を針金などで止める方法です。また、無線綴じと呼ばれる方法は、本などで良く使われる針金を用いない綴じ方となっています。平綴じという方法は最も強固な綴じ方で、重ねた印刷物を表から裏にかけて背の近くを針金で綴じる手法です。このように様々な方法がある冊子の綴じ方も予め決めておかなくてはいけません。冊子印刷は印刷物をまとめるだけでは出来ません。しっかりと綴じ方を決め、読みやすい冊子を作るようにしましょう。


まずは協友の動画で紹介している導入事例などを見て、印刷の質などを把握してみましょう!冊子印刷なら協友におまかせください!安心のサービス内容で、多くの業者さんや大学からの依頼も絶えないのです!

イチオシ情報